0歳 からでも 読み聞かせをする メリット とは

0歳なのに、読み聞かせをする?
言葉がわからないのに?

かなり疑問だったので、調べ見てみました!(^_-)

0歳の赤ちゃんを知る

生後0~6ヶ月
1日に10時間以上寝ている、6か月あたりには、首がすわる
視力は0.01〜0.1くらいなので、ほぼないけれど、強い光は見えるし、近くまで顔を近づけると見える。

生後6~12か月
はいはい、つかまり立ちを始める。
視力がはっきりしてくる時期、それでも視力0.1程度

・・・なるほど、ってことは、本の中身は理解できない。

つまり、この時期は、
言葉を覚えさせるというよりは、会話を楽しむ、本を遊ぶ時期と捉えられそうです

周囲から一生懸命話しかけていたら、
赤ちゃんが「あー、うー」としゃべったりしてきました。

我が家の娘も、
2か月を過ぎたあたりから、声を出すようになりました。

本当の意思は知ることができませんが
ちゃんと反応をしているようです。

これって、お腹の中にいる時から話しかけるのに近い感覚ですね。
話しをしてくれている大人を真似をしようとしたり、
一緒にお話しているつもりだと言われているようです。

どんな遊び道具を用意するか? 

子供のおもちゃに良くある色合いを参考に、
ガンガン触れる絵本にすると良さそうです。

根拠はこちら。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

最近の研究で、生後6か月未満の赤ちゃんでも
黒白を生かしたコントラストの強い配色の色の絵や「顔」の絵に注目することが明らかになっています。

なので、生後3か月頃までの「ぼー」と眺めているような反応の時でも五感を刺激しているんだそうです。

参考:トレンドタウン.info様
http://trend-town.info/archives/958.html

 

赤ちゃん用のおもちゃってどんなのでしたっけ?

これは原色使ってますね

これも原色、音もなるし、キャラクターもいます

これもそうですね

ちなみに、0歳の3ヶ月くらいまでをねんねの頃って言うらしいです

これも同じ。

ということで、本も、おもちゃに習って選べば良さそうです。

原色と顔を入れている絵本を絵本ナビさんで探してみた

絵本のことならまるっと解説付きで
中を見なくても、中身がわかるウェブサイト
絵本ナビさんで調べてみました。

http://www.ehonnavi.net/style/57/

 

原色入ってます。これなら視力がまだ弱くても、見えそうですね

だるまさんが真っ赤ですね。このくらいはっきりしているといいかもしれません

こちらの作品も顔がはっきりと見えていて、いいかもしれませんね。

0歳でも5感の中、触る、見る、聞く という3つの遊びができる。

ということがわかりました。
お父さん、お母さんらが読み聞かせてあげることで
親子のコミュニケーションも図れます。

親子の会話を絵本を使って楽しんでみませんか?

 

 

 

The following two tabs change content below.
ドリコレライブラリー館長大原康弘
ドリコレライブラリー館長大原康弘
ゼロから30日間で夢を叶える方法を絵本にまとめます。 子どもに絵本wo!プロジェクト進行中! 夢を叶える物語をコレクションする ドリコレライブラリー館長 大原康弘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です