女の子も プログラム を学ぶ! リンダ リウカス さんの ルビィのぼうけん とは

プログラムを学ぶのにパソコンなんていらない!って知ってました?
プログラムを学べる絵本があるんです。
フィンランドから世界に発信中「ルビィのぼうけん」という絵本、紹介します。

ルビィのぼうけんとは

 ↑↑↑ ここから購入できます

プログラミングを学ぶのにパソコンは不要!

この絵本では、4~11歳の子どもが親と一緒に楽しめます。
「ルビィが宝石集めのぼうけん」「れんしゅうもんだい」2部構成になっています。

プログラミングに必要な考え方だけをしっかりと学べます。
たとえば、

「ぼうけんパート」では

主人公のルビィにお父さんが「学校に遅れるから早く着替えなさい」と言います。
ところが、具体的な指示として
「パジャマを脱いで、洋服を着なさい」と言わなかった。
そこで、ルビィは「パジャマの上に洋服」を着てしまう。
「ルビィ、部屋のおもちゃを片付けなさい」と言うと、
なぜか紙とペンが床に置きっぱなしになります。
なぜなら「紙とペンはおもちゃじゃない」

コンピュータには
正しく指示を伝えることが必要ということなんですね。

「れんしゅうもんだい」のパートでは

「起きる、ベッドの布団を整える、歯磨きをする」
といった「一連の動作」を分解して、順番に並べてみる

順を追って説明できるか。
間違っているとしたら、どこに間違いがあり、なぜ問題だったのか、
分解して、正しく直すことができます。

コンピュータには、正しい順番で、命令を伝えないといけない。
「シンタックス(コンピュータ言語における規則)」
といった考え方があるんですね。

 

プログラミングの楽しさって何?

自分のアタマの中にある「想像」を、「動くものにできる」から。
この本が、その楽しさを知る一つの入り口になってほしいというのが、
この本の著者「リンダ・リウカス」さんの願いだそうです(^_-)

フィンランドはプログラミング大国

今、アメリカや日本にある金融システムや社内システムで
動いている「OS」などのソフトウェアは、
フィンランドから生まれたものが多いのです。
(MySQL、Linux、Skype、Git・・・)
このような、社会の大きな基盤を支えているシステムは、
フィンランドから生まれました。
この本の著者「 リンダ リウカス 」さんも、フィンランド生まれ。
13歳から、プログラミングを学び始めた人。
だから、わかりやすく本にできるんですね。

プログラムを女性に学んでもらいたい

絵本を作った リンダ・リウカス さん

リンダ・リウカス

リンダ・リウカス さん紹介文の抜粋

フィンランド、ヘルシンキ出身のプログラマー、作家、イラストレーター。

プログラミングの世界での中心人物のひとり。
Rails Girlsは、あらゆる場所で若い女性に
プログラミングの基礎を教える団体を立ち上げて
ここ数年間で160 を超える都市でワークショップが開催。
10,000人以上の女性がプログラミングの基礎を学んでいるとのこと

参考:株式会社翔泳社さんのプレスリリースより

なぜ今、プログラミングか?

現在、アメリカの スタンフォードハーバード大学では、
コンピュータを学ぶ学生のうち女性が男性を上回っています
コンピュータへの興味関心は、男女ともに高まってきている証拠ですね。

近い将来、世の中の問題解決にコンピュータが
使われるようになることは間違いないと言えます。

私たちはそんな未来に
備えておかなければいけません(^_-)

4〜12歳の子たちは
「自分は何が得意で、何が苦手か」を勝手に自分で
決めてしまいがちな傾向がありますが、、、

大人である私たちが、様々な面白いアプローチを考え、
子どもたちの可能性を広げてあげたいですね!

 参考文献:

親子のための「ルビィのぼうけん」ワークショップレポート(学研)
https://kids.gakken.co.jp/parents/digital/rubynobouken/

フィンランド大使館
http://www.finland.or.jp/public/default.aspx?contentid=344550&nodeid=41206&contentlan=23&culture=ja-JP

世界中の女子よ、プログラミングを始めよう!(ダイヤモンドオンライン)
http://diamond.jp/articles/-/97796

ルビィのぼうけん 公式サイト
http://www.shoeisha.co.jp/book/rubynobouken/play

 

The following two tabs change content below.
ドリコレライブラリー館長大原康弘
ドリコレライブラリー館長大原康弘
ゼロから30日間で夢を叶える方法を絵本にまとめます。 子どもに絵本wo!プロジェクト進行中! 夢を叶える物語をコレクションする ドリコレライブラリー館長 大原康弘

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です